注文住宅のキッチン選びで大切なポイントとは?この3つだけは抑えよう!


キッチン選びは見た目のデザインだけでは駄目!

設計の自由度が高い注文住宅では、キッチンのタイプも自分たちの好みや条件に合わせて、柔軟に選べるのが大きなメリット。とはいえ、見た目のデザインばかりに気を取られていると、使い勝手の良くないキッチンでイライラしながら、毎日の炊事をすることになりかねません。このようなことにならないように、キッチン選びでは機能性や作業効率もしっかり考えて、使い勝手の良さを重視することが、最初のポイントになります。

作業効率を高めるには収納から!

調理や洗いなど食事に関するあらゆる作業を行うキッチンには、食材をはじめ調理器具や食器類といったアイテムが、この空間にほぼ全て集中するといっても過言ではありません。これらを上手に収納できなければ、たちまちキッチンにモノがあふれて、日々の炊事にも支障をきたすことになるでしょう。したがってキッチン選びでは収納性に優れたタイプにすることも、重要なポイントになります。その際には普段の炊事作業の流れに加え、家族構成や食事パターンあるいはライフスタイルなども考慮しながら、収納スペースのサイズや配置そして機能性などを、よく見極めることが求められます。

お手入れのしやすさも忘れない!

食事の準備に欠かせないキッチンでは、常に清潔な状態に保つことが大切です。そこでお手入れのしやすさという点も、キッチン選びでは見逃せないポイントになります。例えば継ぎ目の少ないシームレスなワークトップであれば、そこに汚れもたまりにくいので、それだけでもお掃除の負担軽減につながるはずです。あるいは油汚れを落としやすい素材のパネルを選んだり、食材カスなどが詰まりにくいシンクにすることでも、やはり少ない負担で清潔な状態を維持できるでしょう。

注文住宅では、外観・間取り・資材・設備など、自分の希望を反映させてもらうことも可能です。自分が思い描く理想に近い家を建てることができます。