狭小住宅を建てる時に出来る間取りの工夫は?メリットも解説


狭小住宅のメリットについて

狭小住宅を選ぶメリットは、大きく分けて2つあります。1つ目は、コストを削減できることです。家を持つと発生する税金は、それぞれの土地の面積に応じて課税されています。狭小住宅の税金が安く抑えらえるのは、200平方メートル以下の住宅用地の場合に減税措置が適用されるからです。また、条件によっては家づくりに対する法的な許可を得るための建築申請や、建物と土地を自分名義にするために行う登記などにかかる費用も安くなります。

2つ目は、家を建てる土地の選択肢が広がることです。狭小住宅を選ぶと土地にかかるコストが削減できるため、坪単価が高いエリアでも購入しやすくなります。よって、都心部や利便性の高いエリアでも比較的安く購入可能です。また、人気のあるエリアでは広い土地を探すのは難しいものの、狭い土地なら空いているという場合もあります。狭小住宅を選ぶと、人気の高いエリアでも土地を見つけやすくなります。

狭小住宅を建てる時に取り入れたい間取りの工夫

狭小住宅の間取りを決める時に取り入れられる工夫として、家事動線や生活動線を考慮することが挙げられます。狭小住宅で生活に必要なスペースを確保するため、2階建てや3階建てにされるのが一般的です。上下の移動が多くなるため、動線を無視した間取りにすると何度も家の中を往復しなければいけなくなってしまいます。よって、日常的な家族の生活に配慮して間取りを決める必要があります。浴室やトイレといった水回りは出来るだけ近くに配置すると無駄がありません。

狭小住宅は土地が狭い分、高さを設けて居住スペースを拡張するケースが多いです。しかし、高い分だけ強度も上げなければなりません。耐震工事など追加の費用がかかる恐れがあるため、注意しましょう。