大事な家づくりを任せる業者を選ぶこつ!業者の種類と特徴やメリットとデメリット


ハウスメーカーに家づくりを任せる!

ハウスメーカーは知名度が高く、大手企業が多いので信頼性や安心感があります。土地探しから設計、工事やアフターフォローにいたるまで、すべて一貫した家づくりのスタイルが特徴的です。ハウスメーカーに頼むメリットは、カタログや施工事例通りのクオリティの高い仕上がりになることが多いため、完成イメージが想像しやすいです。デメリットは、標準仕様になることが多く、きめ細かい部材や設計の変更、そして変形したいびつな土地での家づくりには対応できない場合が多いです。

工務店に家づくりを任せる!

工務店は地元密着型の業者が多く、地域での家づくりの実績が多いため、依頼先の評判をチェックしやすいです。地元の気候風土に詳しいため、地域性に合った最適な家づくりができるのが特徴的です。工務店に依頼するメリットは、地域に密着した経営スタイルなので、対応力やサービスも充実しており、アフターフォローなどのサポートも万全な業者が多いところです。デメリット面は、工務店によって対応できる工法が限られていることがあります。そして、業者によって設計や工事の技術に差がある場合も多いです。

建築家に家づくりを任せる!

建築家は個性的な家づくりのプランニングを得意としています。設計は建築家が作成し、工事においては他の工務店に依頼する必要があります。建築家に家づくりを託すメリットは、依頼主のこだわりのある要望や条件に対応できることです。狭い土地やいびつな土地であっても、快適な住まいの提案ができるデザイン力があります。建築家は自分自身の個性やこだわりが強いことも多いため、相性が合わないと理想の家づくりが叶わないことがあります。

東京の注文住宅は費用こそかかりますが、密度の高い東京でも天井を高くするなどして、快適かつ自分好みな家を建てられるのは大きなメリットです。