注文住宅は伝統的な木造建築にしたい?それなら在来工法の特徴やメリットを知ろう!


そもそも日本の伝統的な木造建築の工法とは何か?

注文住宅を検討している方の中には、従来の木造建築で家造りを希望するケースも目立ちます。その木造建築の工法で代表的なものといえば、やはり木造軸組工法でしょう。一般的にはいわゆる在来工法とも呼ばれており、日本では最も広範囲に普及している、伝統的な木造建築の工法で知られます。この木造軸組工法では、コンクリートの基礎へ徐々に柱や梁をフレーム状に組み上げ、初期の工程で建物の大枠を作ってしまいます。その大枠へ付け足していくように壁や屋根あるいは筋交いなどを設置して、最終的に設計通りの建物へ仕上げていきます。特に注目したいのが、柱と梁で囲まれた枠内に筋交いを設置することで、木造建築であっても高い耐久性や耐震性を期待できること。また建材の多くには木材を使用しますが、各建材の接合部分には金具を採用するのが通常であり、強度に優れた金具のタイプを取り入れることで、建物の耐久性や耐震性を高めることが可能です。

注文住宅を在来工法にする大きなメリットとは?

木造軸組工法の大きなメリットといえば、設計の自由度が高いこと。この工法は柱と梁で骨組みされているため、結果的には壁の数や設置箇所の選択肢が広がり、独自性の強い間取りの設計にも柔軟な対応が可能になります。同時に増改築しやすい点も、この工法のメリットとして見逃せません。骨組みを残しながら壁だけを取り除いて部屋を広げたり、あらたに壁を設けて部屋を増設するなど、注文住宅が完成した後のリフォームも実現しやすくなるはずです。

福岡の注文住宅をどの業者に頼めばいいか迷っている人は、インターネットで閲覧できる工務店のランキングを一度参照するといいでしょう。