初期費用を安くしたい方必見!敷金礼金を抑える方法


敷金礼金ゼロ物件を選ぶ

最も大きく敷金礼金を抑えられるのは、敷金礼金がかからないいわゆる敷金礼金ゼロ物件を狙うことです。敷金礼金はどの物件でも必ず初期費用に含まれているわけではありません。例えば築年数が古いなど、あまり人気のない物件は入居者を募るため敷金礼金をカットしている場合もあります。居住用の賃貸物件の敷金・礼金の金額は、それぞれおおよそ家賃の1~2ヶ月分です。この分が全てカットできれば、初期費用を大幅に抑えられます。

家賃が安い物件を選ぶ

敷金礼金を抑えるためには、できる限り家賃が安い物件を選ぶのも1つです。先に述べた通り、敷金礼金の金額はその物件の家賃何ヶ月分と換算されることがほとんどです。すなわち、例えば敷金礼金を各家賃1ヶ月とした場合、家賃5万円の物件は合計10万円、家賃3万円の物件は合計6万円がかかります。家賃の額が敷金礼金の額にもダイレクトに影響するわけです。また、家賃が安ければ月々の家計が節約できるというメリットもあります。

礼金の減額を交渉する

敷金礼金が設定されている物件だとしても、交渉の余地はあるかもしれません。敷金礼金を減額もしくはカットしてもらえないか、大家さんに交渉してみる方法もあります。入居希望者から交渉するより、不動産屋などを通じて交渉してもらう方が成功する可能性は高いでしょう。なお、敷金は住戸からの退去時などに原状回復のため使用されるものなのでカットしてもらうのは難しいかもしれません。しかし、礼金は大家さんにお礼のお金を渡していた昔の慣習が現代に残っているものなので、大家さんの裁量で減額もしくはカットしてもらえる可能性があります。

旭川の賃貸は暮らしやすい環境と家族構成なども踏まえて対応することができる物件が多く、自分の希望に沿った物件を借りることができます。